メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小2保護

不明当日から発見施設に…水だけで過ごす

田野岡大和君が発見された陸上自衛隊駒ケ岳演習場の宿泊施設(手前)=北海道鹿部町で2016年6月3日午後0時7分、本社機「希望」から
田野岡大和さんが行方不明になった場所と発見された場所の地図

 3日午前7時45分ごろ、北海道鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内にある訓練用の宿泊施設内で、5月28日から行方不明となっていた北斗市追分4の小学2年、田野岡大和さん(7)が6日ぶりに見つかった。大和さんは28日の夜以降、演習場内の施設で水だけで過ごしたといい、軽い脱水症状がみられたが、命に別条はない。発見現場からドクターヘリで市立函館病院に運ばれ、両親が本人と再会して確認した。

 道警函館中央署などによると、発見されたのは大和さんが不明になった七飯町の山中から北東に6〜7キロの場所。道警などは連日、不明場所から15キロ四方を捜索したが、同演習場は対象外だった。同演習場に部隊は常駐しておらず、同演習場で3日から予定されていた訓練に参加するため訪れた隊員3人が、訓練の準備のため施設に立ち寄り、発見した。

 隊員が「大和くんかい?」と問いかけると、「そうです」と答え、「おなかがすいていないかい?」と尋ねると、「おなかがすいています」と答えたという。衰弱した様子はなく、受け答えはしっかりしていたという。隊員はおにぎりとお茶を手渡し、半袖姿で寒そうだったので隊員のかっぱを着せて体を温めてやったという。

 防衛省などによると、演習場には立ち入り禁止の看板等を設置しているが、柵は全周にあるわけではなく、立ち入りは可能。宿泊施設は2棟あり、中には、水道、トイレ等の設備に加え、宿泊用のマットレスなどが常備されている。電気も使えるという。普段は施錠されているが、今回は施錠されていなかったという。

 発見を受けて、父親の貴之さん(44)が3日午前、市立函館病院前で記者会見した。「私の行き過ぎた行動で息子につらい思いをさせた。学校関係者、捜索に当たったみなさまにご迷惑をおかけして深くおわびします」と話した。

 大和さんは28日午後5時ごろ、両親と姉の家族4人で鹿部町の公園に車で遊びに行き、帰宅中に七飯町の林道沿いの山林で1人置き去りにされた。家族は当初、山菜採りの途中ではぐれて行方が分からなくなったと説明していたが、その後、貴之さんは「公園で人や車に石を投げつけたため、しつけの意味で置き去りにした」と説明を翻した。

 貴之さんは車で数百メートル走った後、歩いて約5分後に戻ったが、大和さんの姿はなかったと話していた。【遠藤修平、澤俊太郎、袴田貴行、町田徳丈】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
  2. タクシー セダンからミニバンへ 次世代型で街中一変
  3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
  4. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
  5. 基礎控除 高所得者減額検討 2500万円超はゼロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]