メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ連邦議会

トルコの「アルメニア人虐殺」認定

 【ベルリン中西啓介】ドイツ連邦議会(下院)は2日、オスマン・トルコによる第一次世界大戦期のアルメニア人迫害を「虐殺」と認定し、独政府がトルコ、アルメニア両国の和解に向け取り組むよう求める決議案を賛成多数で可決した。迫害から100年を迎えた昨年、欧州では虐殺認定の動きが広がったが、トルコは「虐殺」を否定。今回の議決はトルコの反発を招くとみられ、難民問題などへの影響を懸念する声が出ている。

 決議案はメルケル首相の出身会派キリスト教民主・社会同盟と与党社会民主党、野党緑の党が提出した。「当…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  3. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです