メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拝啓オバマ様

fromヒロシマ 来訪を振り返って/3 ヒロシマの願い、世界に /広島

早志百合子さん=石川裕士撮影

演説は「手紙」の返事 早志百合子さん(79)

 オバマ米大統領が原爆慰霊碑に献花する時のまなざしや、黙とうする表情をテレビ越しに見て、一人の被爆者として大きな感慨を覚えた。言葉はなかったが、心の中で原爆投下を謝罪してくれていると受け取った。17分に及んだ演説は誰かの書いた文章ではなく、自分の気持ちを率直に述べていたと思う。

     私はオバマ氏に宛てた手紙に「普通の暮らしがあったところに原爆が落ちたことを想像してほしい」との思いを込めた。実際の演説ではその答えになっているような部分があり、うれしかった。ものすごく勉強して広島に来ていると思った。

     これからは広島で感じたことを他の国の首脳に伝え、世界に広島訪問を呼びかけてほしい。そして、まずは米国内にある核兵器を減らしていく具体的な計画を任期中に示してもらいたい。【聞き手・石川裕士】

    山本定男さん=山田尚弘撮影

    訪問を呼びかけて 山本定男さん(84)

     伊勢志摩サミットに合わせて開かれた原爆展で被爆体験を証言するため、訪問当日は三重県伊勢市に滞在し、ホテルでテレビ中継を見た。演説は、謝罪はなかったが、完成度が高く、世界の被爆者らに気を配った内容だった。

     黙とうの際、オバマ氏は「この場所に当時のトルーマン大統領が原爆を投下したのだ」と、当時の惨禍に思いをはせていたと思う。欲を言えば、演説で世界の政治指導者に広島・長崎への訪問を呼びかけてほしかった。

    田中稔子さん=山田尚弘撮影

     米国のトップが広島に来たのだから、まず、安倍晋三首相は真珠湾に行くべきだ。そうしなければ、米国の次期大統領に広島訪問を呼びかけることは難しくなる。これからの日本の姿勢が問われている。【聞き手・山田尚弘】

    プラハの感動再び 田中稔子さん(77)

     手紙には「プラハ演説より一歩進んだ内容の『ヒロシマ宣言』をしてほしい」と書いた。当日はオバマさんの訪問を問う市民シンポジウムに参加し、テレビで演説を見た。実効性のあるメッセージがなかったのが残念だ。

     ただ、プラハの時と変わらないオバマさんの人間性がひしひしと伝わってきて、感動した。原爆資料館に「共に平和を広める勇気を持とう」とのメッセージを残したのも印象的だ。

     日本は被爆国として核の傘から出て、核廃絶のリーダーとなるべきだ。今回、国内でも平和記念公園への関心が高まり、核廃絶の機運が高まるのではないかと期待している。オバマさんに「来てくれてありがとうございました」と言いたい。【聞き手・竹下理子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです