メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

先送り経済

/下 成長戦略不十分 不透明感拭えず消費低迷

限界が見え始めたアベノミクス

 東京都練馬区の食品スーパー「アキダイ関町本店」。安売りで知られるこの店は、安倍晋三首相が消費税増税の再延期を表明した1日も、特売品の野菜を求める買い物客でにぎわっていた。近所に住む40代の主婦は、「夫の給料が増えないのに増税は困る。ありがたい」と表情を緩めた。

 同店の客数は、2014年に消費税率が8%に引き上げられて以降、約2割増えた。秋葉弘道社長は「増税に食品の値上がりが重なり、生活防衛に走るお客さんが多い」と話す。

 安値で消費者を引きつけるアキダイに対し、百貨店は訪日外国人の需要を除けば力強さに欠ける。三越伊勢丹…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1578文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです