メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

地震対応の50代の阿蘇市職員が自殺

 熊本地震の対応に当たっていた熊本県阿蘇市の50代の男性職員が5月下旬に自宅の敷地で自殺していたことが4日、関係者への取材で分かった。熊本地震の対応をしていた自治体職員の自殺が明らかになったのは初めて。

     関係者によると、職員は4月16日の本震後から地震の対応に当たり、5月下旬に亡くなっているのを家族が見つけた。状況から自殺と判断された。遺書は見つかっていない。

     市は「職員が死亡した事実はあるが、遺族の意向もあって勤務状況などは明らかにできない」と話した。

     市は今回の事態を受け、全職員の地震後の勤務状況の把握など労務管理を徹底するよう管理職に呼びかけた。さらに死亡した職員の地震後の勤務状況に問題がなかったかを検証する。【野呂賢治】

     ◆相談窓口

    こころの健康相談統一ダイヤル

     0570-064-556=相談対応曜日・時間は都道府県によって異なる

    自殺予防いのちの電話

     0120-783-556=毎月10日(午前8時~11日午前8時)にフリーダイヤルの電話相談。全国のいのちの電話はこちら(https://www.inochinodenwa.org/lifeline.php)

    東京自殺防止センター(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター)

     03-5286-9090=年中無休、午後8時~午前6時(毎週火曜日は午後5時~午前6時)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
    3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
    4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
    5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]