メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ムハマド・アリさん

74歳で死去 元ヘビー級王者

アントニオ猪木(右)の足げりに手をやくムハマド・アリ=東京・日本武道館で1976年6月26日撮影

 【ニューヨーク田中義郎】プロボクシングの元世界ヘビー級王者で、ベトナム戦争の徴兵拒否や黒人差別撤廃運動などで米社会に大きな影響を与えた、ムハマド・アリさんが3日(日本時間4日)、死去した。74歳だった。長年、パーキンソン病を患っており、最近は呼吸器系の病気で米アリゾナ州フェニックスの病院に入院していた。葬儀は8日に出身地の米ケンタッキー州ルイビルで営まれる。

 アリさんは1960年ローマ五輪のボクシング・ライトヘビー級で金メダルを獲得したが、自叙伝によると、…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文747文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです