メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ムハマド・アリさん 74歳で死去 元ヘビー級王者

アントニオ猪木(右)の足げりに手をやくムハマド・アリ=東京・日本武道館で1976年6月26日撮影

 【ニューヨーク田中義郎】プロボクシングの元世界ヘビー級王者で、ベトナム戦争の徴兵拒否や黒人差別撤廃運動などで米社会に大きな影響を与えた、ムハマド・アリさんが3日(日本時間4日)、死去した。74歳だった。長年、パーキンソン病を患っており、最近は呼吸器系の病気で米アリゾナ州フェニックスの病院に入院していた。葬儀は8日に出身地の米ケンタッキー州ルイビルで営まれる。

 アリさんは1960年ローマ五輪のボクシング・ライトヘビー級で金メダルを獲得したが、自叙伝によると、帰国後、黒人であることを理由にレストランで食事の提供を拒まれ、川に投げ捨てたという。その後、プロに転向し、64年にヘビー級の世界王者となり、9回防衛に成功した。その一方でイスラム教に改宗し、名前をカシアス・クレイから改名。67年にはベトナム戦争への徴兵を拒否し、タイトルを剥奪された。

 3年半余りのブランクを経て復帰し、74年にジョージ・フォアマンを破り、王座を奪還する「キンシャサの奇跡」を起こした。10回防衛の後、78年にレオン・スピンクスに敗れたが、同年に雪辱して王座に返り咲き、81年に引退した。プロ通算成績は61戦56勝(37KO)5敗。

 日本では、76年に日本武道館で行われた「格闘技世界一決定戦」で、プロレスラーのアントニオ猪木(本名・猪木寛至さん、現参院議員)と対戦した。特別ルールでの試合は引き分けだったが、格闘技ファンのみならず、多くの注目を集めた。

 引退後はパーキンソン病で闘病生活が続いたが、96年アトランタ五輪では震える手で聖火を点灯した。同五輪では、国際オリンピック委員会(IOC)から、投げ捨てたという金メダルのレプリカも贈られた。2005年、米国で文民に贈られる最高位の「大統領自由勲章」を受章した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
  2. 座間9遺体 「金目当て」動機に疑問 若い女性説明つかず
  3. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
  4. サウジ 拘束中の王子らを虐待か 拷問や自殺未遂情報も
  5. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]