メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

積水ハウス

「受動喫煙で被害」元社員と和解

喫煙のイメージ

 大手住宅メーカー「積水ハウス」(大阪市北区)の社員だった女性(55)が職場の受動喫煙対策が不十分で健康被害を受けたなどとして、同社に約590万円の賠償を求めた訴訟が大阪高裁であり、会社側が女性に解決金約350万円を支払う内容で和解していたことが3日、分かった。和解は先月31日付。1審の大阪地裁は「対策は取られていた」と認定し、女性の訴えを退けていた。

 高裁が双方に和解勧告をしていたとみられ、協議が進んでいた。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです