メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小2保護

低栄養状態、病院で手当て 数日入院も

発見直後に陸上自衛隊員から渡されたおにぎりと水筒を手にする田野岡大和さん=2016年6月3日(捜索関係者提供)

発見した陸自隊員に口調しっかり

 北海道七飯(ななえ)町の林道で行方不明になり、6日ぶりに無事保護された北斗市追分4の小学2年、田野岡大和さん(7)は3日午後、搬送先の函館市の病院で手当てを受けた。命に別条はないものの、軽い脱水症状や低栄養状態が見られ、数日入院する見込み。道警函館中央署は大和さんの回復を待って行方不明になってからの足取りなどを聞く。

 大和さんは3日午前7時50分ごろ、約6キロ離れた鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場の施設で見つかった。

 発見した掛川勇一陸曹長(52)によると、隊員2人と雨のため、たまたま施設を訪れ、ドアを開けたところ大和さんが立っていた。名前を尋ねるとしっかりとした口調で答え、他の隊員が昼食用にコンビニエンスストアで買ったおにぎり二つとお茶を渡すと、「のどを詰まらせないか心配になる勢いで食べ始めた」という。施設内のマットレス2枚を抜き取り、間に入って眠っていたという。【遠藤修平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. EU 対米報復関税発動 総額3600億円規模

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]