メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

米と引き分け 大きな収穫「攻撃サッカー」展開

国際親善試合 世界女王の米国から3点を奪う

 【コマースシティー(米コロラド州)田中義郎】女子サッカーの国際親善試合で2日、高倉監督が初めて指揮を執った日本代表(なでしこジャパン)は昨年のワールドカップ(W杯)覇者の米国代表と3−3で引き分けた。2点リードした展開から逆転され、終了間際、途中出場の横山のゴールで追いついた。高倉監督は「勝てたかなと思う」と悔やんだ。しかし、五輪4連覇を狙う世界女王の米国から3点を奪い、目指す「攻撃的なサッカー」を展開できたのは大きな収穫だろう。

 高倉監督は代表初選出の佐々木、千葉を先発起用したのに加え、ワントップに岩渕、これまで前線を任されて…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです