メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペルー大統領選

フジモリ氏が僅差で先行 クチンスキ氏猛追 きょう投開票

ペルー大統領選の決選投票前最後の集会で演説するケイコ・フジモリ氏=リマ市内で2日午後9時28分、朴鐘珠撮影

 【リマ朴鐘珠】ペルー大統領選の決選投票が5日に投開票される。最新の世論調査によると、同国初の女性大統領を目指す日系3世のケイコ・フジモリ氏(41)が支持率でクチンスキ元首相(77)をわずかにリード。アルベルト・フジモリ元大統領(77)の長女で、抜群の知名度を誇るフジモリ氏だが、猛烈な追い上げを受けている。大勢判明は同日夜(日本時間6日昼)になるとみられている。

 2日にかけて発表された世論調査3社の予想得票率では、フジモリ氏のリードは0・6〜4・2ポイント。4…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです