メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

梅の季節に /和歌山

梅の実をもぐツアーの参加者=和歌山県みなべ町西本庄で、坂口佳代撮影

 梅の季節になりました。みなべ町の梅園は連日、県内外から訪れる家族連れや女性たちでにぎわっています。JA紀州がこの時期だけ実施している「梅もぎ体験ツアー」(問い合わせは電話0738・22・0604)。昨年度は約1800人が参加し、今年度も約1700人が予約する人気ぶりです。

 梅園を訪ねると、手の届く高さの木に梅がたわわに実り、子供からお年寄りまでが楽しそうにもいでいました。

 和歌山県は梅の収穫量が51年連続全国一で、国内の65%を占めます。梅干しの1世帯当たり年間購入量は…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです