メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

農地改革 GHQ主導の断行評価

第2次改革案の概要を伝える1946年8月12日毎日新聞朝刊

 高い小作料のため万年貧乏の状態にあった小作農を解放し、戦後の民主主義改革で最も成功したといわれる「農地改革」。地主の農地を国が強制的に買い上げ小作農に分配した結果、自作農(自分が耕作する土地の9割以上を所有する農民)の比率は、1941年の31%から50年に61%へ上昇した。小作農はタダ同然の価格で農地を手に入れる一方、地主は没落した。

 改革はすんなり進んだわけではない。地主層の強い抵抗に遭い、45年の第1次改革、46年の第2次改革と…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです