メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

「神宮寺の葬儀」が問うこと

 いまどき珍しい、お寺での葬儀をやっていると聞いて、神宮寺(長野県松本市)の住職、高橋卓志さん(67)に会いに行った。「珍しい」どころか、30年かけて「葬儀革命」の実践中だった。

 94歳の理容店主の葬儀では、寺に革張りの理容椅子を運び込んだ。散髪しながら、おじいさんは客と話してきた。その客が会葬者だ。椅子に深々と座って、高橋さんは引導を渡した。プロ野球の大ファンだった人の葬儀では、生前の写真のスライドに合わせて「××球団応援歌」を流した。ありえないことだ。でも、曲が流れたとたん、喪服の人たちは次々と白いハンカチを取り出し始めた。遺影の彼を思い出して、みんな泣いた……。

 同寺では毎年40〜70件の葬儀を行う。そのうち8割(昨年度)は事前に相談があった。そのつど本人、家…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです