メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀流

勝ち取れ!純金手裏剣 全国大会来年3月に

優勝者に贈る純金手裏剣(左)と準優勝の銀の手裏剣=伊賀市の伊賀流忍者博物館で大西康裕撮影

 手裏剣日本一を競う第8回伊賀流手裏剣打(うち)選手権大会の参加受け付けが始まった。予選上位者が純金の手裏剣をかけて戦う本選は、これまでの11月から春休み前の翌年3月中旬に変わった。観光シーズンの前に盛り上げようと変更された。予選も3カ月遅い開始になる。

 選手権は、男性は6メートル、女性は5メートル離れた的に向かって直径約8センチ、重さ約45グラムのステンレス製手裏剣を投げる。予選、本選とも的の中央に近いほど高得点が得られる。投げ方や唱える言葉など「忍者が手裏剣を投げるときの所作」も審査し、間違えたり、不十分だと減点対象になる。予選は5枚の手裏剣を2度投じて、高得点の方が採用される。

 本選出場者は全7会場を通じて得点上位40位まで。本選は手裏剣5枚の1回勝負。優勝者には純金、2位は…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 高橋留美子さん欧州最大規模の漫画祭でグランプリに 「極めて進歩主義的」
  3. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  4. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  5. 「劇的ビフォーアフター」工事会社と朝日放送などが和解 2700万円追加費用発生で訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです