メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀流

勝ち取れ!純金手裏剣 全国大会来年3月に

優勝者に贈る純金手裏剣(左)と準優勝の銀の手裏剣=伊賀市の伊賀流忍者博物館で大西康裕撮影

 手裏剣日本一を競う第8回伊賀流手裏剣打(うち)選手権大会の参加受け付けが始まった。予選上位者が純金の手裏剣をかけて戦う本選は、これまでの11月から春休み前の翌年3月中旬に変わった。観光シーズンの前に盛り上げようと変更された。予選も3カ月遅い開始になる。

 選手権は、男性は6メートル、女性は5メートル離れた的に向かって直径約8センチ、重さ約45グラムのステンレス製手裏剣を投げる。予選、本選とも的の中央に近いほど高得点が得られる。投げ方や唱える言葉など「忍者が手裏剣を投げるときの所作」も審査し、間違えたり、不十分だと減点対象になる。予選は5枚の手裏剣を2度投じて、高得点の方が採用される。

 本選出場者は全7会場を通じて得点上位40位まで。本選は手裏剣5枚の1回勝負。優勝者には純金、2位は…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文853文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 加計学園 首相面会否定、愛媛知事「ありえない」
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]