メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の金融市場の堅ろう性=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米国の金融システムの安定性が際立ってきた。それは7月にも予定される政策金利の引き上げを債券市場と株式市場で大きな波乱なくこなしてきたからだ。

 量的金融緩和からの出口の模索もできず、マイナス金利の効果測定にも手間どる欧州連合(EU)や日本と対比すると、まったく別の金融市場が浮き彫りとなる。

 政策金利の引き上げが想定されれば、短期国債の利回りの上昇は当然のことだ。焦点はたとえば取引量の多い10年もの国債の利回りである。5月中下旬の3週間は、政策金利の引き上げを織り込む動きに終始したが、5月末の利回りは1・851%で1カ月前の利回り1・834%からはわず…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです