メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道保護男児

函館の病院から退院…「野球したい」

退院し、もらった野球ボール形の寄せ書きのようなものを手に笑顔を見せる田野岡大和さん(手前)と、父の貴之さん=北海道函館市の市立函館病院で2016年6月7日午後2時7分、手塚耕一郎撮影

 北海道七飯(ななえ)町の山中で行方不明になり、6日ぶりに保護された北斗市の小学2年、田野岡大和さん(7)が7日午後、入院していた函館市の市立函館病院から退院した。

 大和さんは午後2時過ぎに報道陣の前に姿を見せ、父の貴之さんらに見守られながら、野球ボール形の寄せ書きを手に問いかけに応じた。

 「何をしたいかな」と問いかけられると「野球です」と応じ、「体の具合はどう?」と聞かれると「大丈夫です」とはっきりと答えた。そして「学校に早く行きたい?」との問には「行きたい!」と笑顔で元気よく話した。

 大和さんは今後、スクールカウンセラーらの支援を受けながら学校生活へ復帰の準備を進める。

 大和さんは5月28日午後5時ごろ、両親や姉と車で帰宅中に七飯町の林道で車から降ろされ、置き去りにされた。6月3日に直線で6キロ離れた自衛隊演習場にある施設で保護された。

 市立函館病院に搬送された後は一時、点滴をしていたものの病院食をたいらげるなど順調に回復。絵を描いたり家族とトランプをしたりして過ごし、「(母親の)ハンバーグやパンを早く食べたい」と話していたという。

【遠藤修平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  3. NHKドラマ ヒロイン・広瀬すずさん 北海道ロケを公開
  4. 桜桃忌 没後70年・太宰治しのぶファン 三鷹・禅林寺に
  5. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]