メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド・ニュースアップ

性同一性障害の元王者 男子で目指すリング=運動部・坂本太郎、前本麻有

世界タイトルマッチに向けてサンドバックをたたく真道ゴー選手=大阪市東成区のグリーンツダジムで2016年5月31日、小関勉撮影

 男子選手としてリングに上がることを願う女子プロボクサーがいる。世界ボクシング評議会(WBC)女子フライ級元王者でグリーンツダジム(大阪市)所属の真道ゴー選手(28)。体と心の性別が一致しない性同一性障害(GID)を公表しており、今月13日の世界タイトルマッチに勝てば、年内にも性別適合手術を受ける意向を表明している。だが、性別を変えて試合に出ることに対して、プロボクシング界には安全面から懸念の声が強い。GIDを抱えて性別を変えるアスリートに対し、スポーツ界はどう向き合うべきか。

 真道選手は13日、東京・後楽園ホールである世界ボクシング機構(WBO)女子バンタム級タイトルマッチ…

この記事は有料記事です。

残り2550文字(全文2841文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです