メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おきゃくトーク

幸徳秋水を顕彰する会会長・久保知章さん /高知

幸徳秋水を顕彰する会会長の久保知章さん=真明薫撮影

秋水の名誉回復を訴えたい 久保知章さん(77)

 明治時代に自由や平等、平和を訴え続けた四万十市が生んだ社会主義思想家、幸徳秋水(1871〜1911年)。明治天皇暗殺を企てたとされる大逆事件の首謀者として、絞首刑にされた。後の研究で、かけられた疑いはえん罪だったという意見が主流となっているが、死刑判決が覆されるまでには至っていない。毎年1月に行われる墓前祭には、全国から縁者や研究者が駆け付け、自由や博愛、相互扶助を誓い、名誉回復を願う。昨年5月に3代目の会長に就任、先月29日に再任された久保知章さん(77)に会の現状や活動への取り組みを聞いた。【聞き手・真明薫】

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1271文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです