メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産ゴーン前会長ら起訴 役員報酬虚偽記載で
イチからオシえて

光化学スモッグ再び懸念 日差し強く風弱い日に目がチカチカ

光化学スモッグとは

 高度経済成長期に深刻化し、都市型公害の代表例とされた光化学スモッグ。1970年代後半以降は大気汚染対策が進み、健康被害は大幅に減ったが、原因となる光化学オキシダント濃度は80年代半ばから再び増加に転じた。気温が上がるこれからの季節は特に注意が必要だ。

 ●主成分はオゾン

 気温が高く、日差しが強くて風が弱い日。屋外で目がちかちかしたり、のどが痛くなったりすることがあったら、光化学スモッグが原因かもしれない。

 国立環境研究所大気環境モデリング研究室の永島達也主任研究員によると、光化学オキシダントの主成分はオ…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです