メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 光化学スモッグ再び懸念 国際協力機構(JICA)地球環境部調査役・大塚高弘さん

 日本では高度経済成長期以降、大気汚染対策が進みましたが、途上国では今まさに取り組み始めたところも少なくありません。例えば、モンゴルの首都ウランバートルでは暖房に石炭を使うため冬の汚染がひどく、粒子状物質やNOxなどが同国の環境基準を超えています。

 JICAでは2010年から同国で人材育成などの支援…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです