メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

利根川

8ダムの貯水率5割切る 取水制限検討も

貯水量が例年の2割にとどまり、貯水率22%の矢木沢ダム。水位は例年より約21メートル低いという=群馬県みなかみ町藤原で2016年6月6日撮影、独立行政法人水資源機構沼田総合管理事務所提供

 首都圏1都5県の水源となっている利根川上流8ダムの貯水率が5割を切り、この時期の貯水量としては8ダム体制となった1992年以来、最も少なくなっている。4月は例年より早く解けた雪の流入もあり平年並みの貯水量を維持していたが、雪解け水がなくなった5月は少雨だったため、貯水量が日増しに減少。5日に梅雨入りしたが、今後の降水量次第で渇水も懸念され、国土交通省は節水を呼びかけている。

 群馬県北部に位置する利根川本流の五つのダム(矢木沢ダム、奈良俣ダム、藤原ダム、相俣ダム、薗原ダム)…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文850文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]