メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

組み体操

転落の女子生徒が骨折 東京・練馬の中学校

 東京都練馬区の区立中学校で先月、運動会の練習中に女子生徒が組み体操のピラミッドから転落し、右肘を骨折する事故が起きていたことが分かった。

     区教委によると、5月31日午後2時ごろ、四つんばいの姿勢で重なる「ピラミッド」の練習中、最上段の4段目にいた3年の女子生徒が膝立ちして両手を上げる際にバランスを崩し、約2メートルの高さから落下した。女子生徒は右肘を骨折する2カ月の重傷を負った。

     事故があったのは運動会の練習をする授業中で、運動会は6月4日に実施され、ピラミッドは別の生徒が代役をして行われた。

     区教委では今年4月、事故につながる危険性などを検討のうえ、組み体操を実施するかを判断するよう各校に通知していた。事故のあった中学では、昨年よりピラミッドを1段下げ、前後に畳を敷いたうえで教員2人が付く計画を立てていたという。

     組み体操については、実施を巡って各地で対応が分かれている。東京都教委は今年度、ピラミッドや肩の上に立って円塔をつくる「タワー」は危険性があるとして、都立の学校で休止している。市区町村教委に対しても、実施するか検討するよう求めている。【山田泰蔵】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡県警 連続ひったくり関与か 20代無職男2人を逮捕
    2. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
    3. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
    4. アジア大会 バドミントン女子団体、3大会ぶり決勝へ
    5. 昭和 懐かしいグリコの「おまけ」を展示 滋賀・東近江

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです