メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哲学者

西田幾多郎の旧居解体 一部、京大などで保管

解体工事が始まった、西田幾多郎が暮らした民家=京都市左京区で2016年6月8日午前9時23分、小松雄介撮影

 日本を代表する哲学者、西田幾多郎(1870〜1945年)が約10年間暮らした京都市左京区の民家の解体工事が8日、始まった。マンション建設のためで、西田が原稿を書いた書斎や、考えがまとまらなかった時に何度も往復した廊下は、京都大総合博物館(同区)などで保管される。一般公開も検討する。

 西田は出身地の石川県で旧制第四高等学校の講師などをした後、1910年に京都帝国大学(現京都大)に赴任し、退職までの約20年間を京都で暮らした。歩きながら思索にふけることで知られ、晩年の散歩コースだった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです