メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルカン百貨店

花巻の老舗デパート、半世紀余の歴史に幕

地元住民や同社従業員らに惜しまれつつ、閉店の時を迎えた老舗百貨店「マルカン」=花巻市で2016年6月7日午後6時42分、二村祐士朗撮影

 岩手県花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」は7日閉店し、半世紀余りの歴史に幕を閉じた。買い物客は閉店を惜しみつつ、空きビルなどの再生を手がける同市のまちづくり会社「花巻家守舎」の引き継ぎ計画が軌道に乗ることに期待を寄せた。

 マルカン百貨店は1960年に衣料品デパートとして創業し、73年に現在の地で百貨店として営業を始めた。レトロな雰囲気を残す6階の大食堂では、ナポリタンにトンカツがのった「ナポリカツ」と、箸で食べるソフトクリームの組み合わせが人気だった。

 しかし、建物の老朽化による耐震不足で、閉店することに。「花巻家守舎」は先月31日、新会社で事業引き…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです