メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法

違憲性訴え提訴 関西の市民ら713人

 3月に施行された安全保障関連法の違憲性を訴える関西の市民ら713人が8日、国に賠償と自衛隊出動の差し止めを求める二つの訴訟を大阪地裁に起こした。同様の集団訴訟は東京や高知など各地で相次いでいる。

 訴えたのは、弁護士らでつくる市民グループ「『戦争法』違憲訴訟の会」に賛同した戦争体験者や僧侶ら20〜90代の男女。訴状に…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]