メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マタハラ

相談が過去最多 15年に厳格対応通知したが…

 結婚や出産、育児に関連して退職強要や降格など不当な扱いを受けたとする労働者からの相談が2015年度に4269件に上り、過去最多だったことが厚生労働省のまとめで分かった。「マタニティーハラスメント」が社会的関心を集めたことが相談の増加につながったとみられる。

 全国の労働局に15年度に寄せられた経営者、労働者からの相談件数をまとめた。総件数は8万4210件で、14年度より13%減ったが、うち労働者からの相談は2万6368件で5%増えていた。

 結婚や妊娠、出産を巡り不利益な扱いを受けた労働者からの相談は2650件で14年度に比べ17.7%増…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に
  4. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  5. 米子東の選手がベンチ入りせず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです