メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マタハラ

相談が過去最多 15年に厳格対応通知したが…

 結婚や出産、育児に関連して退職強要や降格など不当な扱いを受けたとする労働者からの相談が2015年度に4269件に上り、過去最多だったことが厚生労働省のまとめで分かった。「マタニティーハラスメント」が社会的関心を集めたことが相談の増加につながったとみられる。

 全国の労働局に15年度に寄せられた経営者、労働者からの相談件数をまとめた。総件数は8万4210件で、14年度より13%減ったが、うち労働者からの相談は2万6368件で5%増えていた。

 結婚や妊娠、出産を巡り不利益な扱いを受けた労働者からの相談は2650件で14年度に比べ17.7%増…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文628文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  3. 悪ふざけ投稿 尻にポンプ車ホース…ツイートの消防士処分
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです