メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

組み体操

骨折事故5件…4〜5月 東京・練馬の小中学校

 東京都練馬区の区立小中学校で4〜5月、組み体操の練習中に転落するなどして骨折する事故が5件起きていたことが8日、区教育委員会への取材で分かった。うち4件は「ピラミッド」など生徒が2〜4段に重なる技だった。

     区教委によると、中学校4件、小学校1件。うち1中学ではピラミッドで1件、タワーで2件起きていた。ポーズを決める時などにバランスを崩して落下したり転倒したりし、肘や手首を骨折したという。

     東京都教委はピラミッドやタワーは危険性があると判断し、都立学校は今年度は中止している。市区町村教委にも検討を求め、区教委は4月、組み体操について、児童生徒の体力や指導態勢などの安全面を検討した上で実施を判断するよう、各校に通知していた。【五味香織】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    4. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落
    5. 自民党 「劣化激しい」の声 不祥事相次ぐ「魔の3期生」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]