メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 東京・池袋で2014年6月、危険ドラッグを吸って車を運転し7人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)に問われた名倉佳司被告(39)に対し、東京高裁(栃木力裁判長)は8日、懲役8年(求刑・懲役10年)とした1審・東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

     名倉被告は「危険ドラッグを使って意識障害に陥った経験はなく、運転に支障が出るとは思わなかった」と訴えたが、高裁判決は過去に繰り返し使用し嘔吐(おうと)などの症状があったと認めて主張を退けた。

     判決によると、名倉被告は14年6月、危険ドラッグを吸って車を運転してJR池袋駅近くで7人をはね、中国籍の女性(当時30歳)を死亡させるなどした。【近松仁太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
    4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
    5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]