メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市

指定避難所にWi−Fi 市民センター7カ所に設置 /福岡

 北九州市が地震や洪水などの災害に備え、地域防災計画で指定避難所(予定避難所)に定められている各区の市民センター7カ所に無料の公衆無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」スポットを設置することが分かった。インターネットに接続できるWi−Fiスポットは緊急時の通信手段として期待されており、市民に日常的な利用を促すことで防災意識の向上を図る。10日にも運用を始める。

 熊本地震では発生直後から電話回線が混線し、被災地は一時的に通話しにくい状況になった。一方、インター…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文630文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]