メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アラブの春

5年 政権転覆恐れ統制強化 山本達也准教授 清泉女子大(国際関係論)

 多くの中東の国では、「アラブの春」以降、メディアやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に対する言論統制や弾圧が非常に強まっている。背景にはメディアや国民に自由な言論を許すと、アラブの春のようにデモが広まり、政権が転覆しかねないとの極めて強い危機感があるからだ。

 例えば、エジプトでは、2009年以降、経済が低迷し、失業や貧困、汚職など政府の腐敗に対して国民の不満がたまっていた。一方、ムバラク政権は、海外メディアの記者やSNSへの規制をさほど強め…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです