メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

被災状況、ドローンでつかめ

ドローンの動作確認をする中塚社長(左)=北海道福島町で、遠藤修平撮影

 災害時の小型無人機「ドローン」活用が急速に進む。人が入れない危険な現場で、素早い被害確認に威力を発揮している。

 ●鳥の視点で現場へ

 津軽海峡に面し、険しい断崖が海岸沿いに続く北海道福島町。落石や崩落で道路がしばしば通行止めになり、詳しい被害状況を確かめたくても作業員が地上から近づけないことも多いという。

 そこで地元の建設会社、中塚建設は2014年8月に動画撮影可能なドローンを導入した。その結果、比較的…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです