メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LEDの光で培養される藻類(そうるい)。水素や油を生み出すバイオ燃料として注目されている=大阪市住吉区の大阪市立大で2016年6月8日、貝塚太一撮影

 藻類が、水素や油を生み出すバイオ燃料として注目されている。大阪市立大の複合先端研究機構では、赤やオレンジの発光ダイオード(LED)光を当てた筒形水槽で培養していた。二酸化炭素を注入して光合成を促進させ、1週間ほどで水槽が真っ黒になるまで増える。

 光合成で二酸化炭素を吸収するため、温暖化防止にもなる…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 無許可走行 特殊車両、公道で鉄道客車運搬 大阪の会社を県警捜査 /静岡
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]