メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LEDの光で培養される藻類(そうるい)。水素や油を生み出すバイオ燃料として注目されている=大阪市住吉区の大阪市立大で2016年6月8日、貝塚太一撮影

 藻類が、水素や油を生み出すバイオ燃料として注目されている。大阪市立大の複合先端研究機構では、赤やオレンジの発光ダイオード(LED)光を当てた筒形水槽で培養していた。二酸化炭素を注入して光合成を促進させ、1週間ほどで水槽が真っ黒になるまで増える。

 光合成で二酸化炭素を吸収するため、温暖化防止にもなる…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです