メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トラベルヘルパーの支援があることで旅行や外出への安心感が広がる=北海道・富良野で(日本トラベルヘルパー協会提供)

 年齢や障がいに関わらず誰もが気兼ねなく旅を楽しむ「ユニバーサルツーリズム」。高齢化の進展や2020年の東京五輪・パラリンピックを控え注目が集まる。バリアフリー化は以前より進んではいるものの、情報開示が不十分なことなどから、利用者に必要な情報がうまく伝わっていない。現状や課題を探った。

 ●宿泊サイト不十分

 「宿泊サイトではバリアフリー状況はほとんどわからない」。4月下旬、東京で開かれたセミナー。学生時代…

この記事は有料記事です。

残り2343文字(全文2546文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです