メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

阿蘇猿まわし劇場 客激減も「前を向き頑張る」

地震前と比べて大幅に観客数が減った阿蘇猿まわし劇場で公演する「ぽんちゃん」(手前)と「くり松」(奥)のサルたち=熊本県南阿蘇村で2016年6月7日、宮間俊樹撮影

 熊本県の観光スポット「阿蘇猿まわし劇場」(南阿蘇村)の来園者が熊本地震後、激減している。地震前は1000人超が来場する日もあったが、現在はゼロのこともある。劇場のスローガンは「気づけば皆笑顔」。客がわずか2人の日も、全力の演技で元気を送り続ける。

 今月7日火曜日の午後、約650席の客席に客は2人だけ。軽やかな音楽とともに、同劇場専務で調教師の村崎英治さん(34)と「ぽんちゃん」、調教師(36)と「くり松」の2組が登場した。ぽんちゃんは12歳の、くり松は15歳の、いずれもオス。人間なら30〜40代で、芸歴10年を超えるベテランだという。

 ぺこりと頭を下げてあいさつしたぽんちゃんが、椅子に座って器用に足を組むと観客から笑い声が起こる。二…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. 埼玉・春日部共栄の野球部監督が暴力行為
  5. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです