メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙開発レース

探査車、鳥取砂丘で訓練へ 月面に見立て

月面を走る探査車のイメージ=HAKUTO(ハクト)提供

 鳥取県の鳥取砂丘を月面に見立てて探査車を走らせる実験が9月に行われる。世界16の民間チームが宇宙開発レースでしのぎを削っており、日本から唯一参加しているチーム「HAKUTO(ハクト)」が宇宙に向かう前の訓練地に選んだ。砂丘を管理する県も「宇宙に鳥取の名をとどろかせる好機」と、支援に乗り出した。

 レースは米グーグル社などが支援する民間財団が、宇宙ビジネスの育成などを目的に2007年に開始。世界各国の16チームが独自開発した探査機を月面で500メートル以上移動させ、現地から高精度の動画と静止画を地球に送るまでを競う。

 当面の期限は17年末までで、優勝チームには2000万ドル(約21億3000万円)が贈られる。ハクトも優勝候補の一角とされ、来年、米フロリダ州から民間ロケットで打ち上げる予定だ。

 ハクトには東京都の宇宙開発事業会社「ispace(アイスペース)」の社員や、航空宇宙工学が専門の大学院教授ら約100人が参加。月面がつくる陰影がウサギのように見えることに着想を得て、鳥取県ゆかりの神話「因幡(いなば)の白うさぎ」の舞台とされる白兎(はくと)海岸(鳥取市)から命名した。

 アイスペース社長でハクト代表の袴田武史さん(36)によると、月面の砂は粒が細かく探査車がスリップする恐れがあるため、地球で操作に習熟しておく必要がある。鳥取砂丘は砂が0.5ミリ以下と細かく、なだらかな傾斜が月面に似ているという。

 この指名に県は、砂丘の県管理地域で実験ができるよう、許可手続きを迅速に進める協定を5月18日にハクトと結んだ。平井伸治知事は「優勝の瞬間まで応援する」と意気込んでいる。

 協定締結時に披露された試作機は全長60センチ、幅54センチ、高さ48センチで重さは7キロ。全方位撮影可能なカメラを搭載し、秒速約10センチで走る。現在、実際に月面を走る「フライトモデル」が完成間近となっている。砂丘では約1週間かけて想定通りに走るか確認する。袴田さんは「ハクトの計画は多くの人に夢を与えられる。夢は実現できるということを証明したい」と話している。【李英浩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです