メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊治療

治療の終結を支援

永森咲希さん

 6年間の不妊治療を経て夫婦二人の人生を歩む永森咲希さん(52)は、一般社団法人「モリーヴ」(東京都港区)を設立し、治療をあきらめ、その後の葛藤に悩む人々を支援している。「子供との生活という希望が絶たれ、人生を再構築するにはエネルギーが必要」と話す。18日は東京都内で、治療の終結を考えるイベントを開く。

 永森さんは35歳で2度目の結婚をした。2年後に不妊治療を始め、外資企業の秘書職を退職した。42歳で…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文768文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです