メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊治療

治療の終結を支援

永森咲希さん

 6年間の不妊治療を経て夫婦二人の人生を歩む永森咲希さん(52)は、一般社団法人「モリーヴ」(東京都港区)を設立し、治療をあきらめ、その後の葛藤に悩む人々を支援している。「子供との生活という希望が絶たれ、人生を再構築するにはエネルギーが必要」と話す。18日は東京都内で、治療の終結を考えるイベントを開く。

 永森さんは35歳で2度目の結婚をした。2年後に不妊治療を始め、外資企業の秘書職を退職した。42歳で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです