メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊治療

治療の終結を支援

永森咲希さん

 6年間の不妊治療を経て夫婦二人の人生を歩む永森咲希さん(52)は、一般社団法人「モリーヴ」(東京都港区)を設立し、治療をあきらめ、その後の葛藤に悩む人々を支援している。「子供との生活という希望が絶たれ、人生を再構築するにはエネルギーが必要」と話す。18日は東京都内で、治療の終結を考えるイベントを開く。

 永森さんは35歳で2度目の結婚をした。2年後に不妊治療を始め、外資企業の秘書職を退職した。42歳で…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文768文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堺・弟殺害 父殺害容疑で再逮捕 遺体から睡眠薬
  2. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. きょうのセカンドオピニオン 起立性調節障害、受診先は?=答える人・呉宗憲助教(東京医科大・小児科)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです