メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
発信箱

食文化の共鳴=大治朋子

日本食イベント「寿司・酒・三昧2016」で、日本酒の鏡割りをする冨田浩司・在イスラエル日本大使(左)やイスラエルレストラン協会のオフラ・ガノール会長(右端)ら=イスラエル・ヘルツェリアの大使公邸で2016年6月7日、大治朋子撮影

 国民の4人に3人がユダヤ教徒とされるイスラエル。宗教的な食物戒律「コシェル」を厳守して豚肉などを食べない人も多いが、世俗派の多く住む商業都市テルアビブでは、最近、日本食と完全菜食主義がトレンドだという。

 在イスラエル日本大使公邸で開かれた日本食普及のイベント。レストラン協会のオフラ・ガノール会長によると「日本食レストランは20年で150軒以上できた」という。一方、テルアビブを中心に「ビーガン」(ラテン語系の造語・完全菜食主義者)も急増。すでに国民の約5%を占め、米英(各約2%)などを上回り世界一だそう。ベジタリアンでも乳製品を取る人は…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]