メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

TPPへの早急な議会承認手続き=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(左)と共和党のドナルド・トランプ氏

 米大統領候補がドナルド・トランプ(共和党)とヒラリー・クリントン(民主党)に決まった。ここから米国、日本の双方でTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の議会承認手続きに拍車がかかる。

 オバマ大統領は休み明けの議会にTPP法案をかけ、任期中の承認を目指す。歴史上に自らの遺産を残す試みだ。

 変化は議会の側に起きた。オバマの功名に手を貸すつもりはない共和党が、高関税をかけて米国の製造拠点での雇用回復をねらうトランプを大統領候補に選ばざるをえなくなった。高質な経済統合を目指すTPPに賛同する共和党主流派にとってみれば、オバマ時代の決着の方がまだましだ。フロマン通商代…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです