メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 運動部をビジネス活用 スポーツメーカー提携、教育に収益還元

新ユニホームを身にまとった野球、ラグビー、陸上部の主将と関東学院の増田日出雄理事長(右から3人目)、ドームの安田秀一CEO(同5人目)=横浜市で4月

 野球やラグビーなど大学の運動部活動をビジネスにつなげようという動きが出ている。2020年の東京五輪を見据え、スポーツ庁も大学スポーツの収益化に向けた検討を始めている。少子化による収入減に悩む大学にとって、スポーツは新たな財源となるのか。各校の取り組みを紹介する。【水戸健一、五十嵐英美】

 ●少子化で収入減、財源模索

 関東学院大学を運営する学校法人「関東学院」(横浜市金沢区)は4月、米国のスポーツブランド「アンダー…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです