メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サミット

賢島臨時派出所、住民感謝の閉所式

住民から花束を贈られる結城係長(左)と塩崎主任=三重県志摩市の賢島で井口慎太郎撮影

 5月の伊勢志摩サミット開催に伴って三重県志摩市の賢島に設置されていた県警の臨時警備派出所が13日、閉所された。約4カ月にわたる開設期間中、派出所に勤務して住民の相談などに応じてきた鳥羽署地域課の結城美重子係長(48)と塩崎功一主任(52)の2人に、住民たちから感謝の花束が贈られた。【井口慎太郎】

 派出所はサミット会場の賢島で、警備によって生じる地元住民の不安を払拭(ふっしょく)しようと、2月16日に近鉄賢島駅前の観光案内所を改装して設けられた。結城係長と塩崎主任が島内を巡回したり、相…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです