メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

前向ける仕組みを 「遠野まごころネット」臼澤良一理事長に聞く /岩手

 熊本地震の発生から14日で2カ月がたったが、避難者は今も約6400人もいて、余震の恐怖から車やビニールハウスなどで寝泊まりする人も多い。東日本大震災の「恩返し」と、発生直後から現地で支援活動を続けるNPO法人「遠野まごころネット」の臼澤良一理事長(67)は「被災者が前を向ける仕組みが必要」と話す。現状と課題を尋ねた。【聞き手・中尾卓英】

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1140文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです