メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

前向ける仕組みを 「遠野まごころネット」臼澤良一理事長に聞く /岩手

 熊本地震の発生から14日で2カ月がたったが、避難者は今も約6400人もいて、余震の恐怖から車やビニールハウスなどで寝泊まりする人も多い。東日本大震災の「恩返し」と、発生直後から現地で支援活動を続けるNPO法人「遠野まごころネット」の臼澤良一理事長(67)は「被災者が前を向ける仕組みが必要」と話す。現状と課題を尋ねた。【聞き手・中尾卓英】

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1140文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです