メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/9 夫の死を無駄にしたくない 自殺への根強い偏見・差別に遭遇して /香川

門川・京都市長(左)と話をする石倉さん=京都市内のホテルで、玉木達也撮影

 京都市内で自死遺族が語り合う場を提供するなどの活動をしている「こころのカフェ きょうと」。代表を務める石倉紘子さん(72)も自死遺族だ。

 1985年4月、職場の人間関係などから精神的に追い込まれた夫(当時42歳)が、遺書を残して自ら命を絶った。

 遺書には「君と生きた10年間は幸せだった。僕の分まで長生きしてください」と書かれていた。突然の夫の死。救えなかった自分を責め、自分を残し死を選んだ夫も責めた。周囲に夫の自殺を語れず、酒に溺れ自殺未遂も2回、経験した。

 転機は阪神大震災(95年1月)だった。ボランティア活動に参加し、仮設住宅の入居者の世話などをしてい…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文716文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  3. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  4. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  5. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです