メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/9 夫の死を無駄にしたくない 自殺への根強い偏見・差別に遭遇して /香川

門川・京都市長(左)と話をする石倉さん=京都市内のホテルで、玉木達也撮影

 京都市内で自死遺族が語り合う場を提供するなどの活動をしている「こころのカフェ きょうと」。代表を務める石倉紘子さん(72)も自死遺族だ。

 1985年4月、職場の人間関係などから精神的に追い込まれた夫(当時42歳)が、遺書を残して自ら命を絶った。

 遺書には「君と生きた10年間は幸せだった。僕の分まで長生きしてください」と書かれていた。突然の夫の死。救えなかった自分を責め、自分を残し死を選んだ夫も責めた。周囲に夫の自殺を語れず、酒に溺れ自殺未遂も2回、経験した。

 転機は阪神大震災(95年1月)だった。ボランティア活動に参加し、仮設住宅の入居者の世話などをしてい…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文716文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]