メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発信箱

しっかり食べよう=落合博

 女子長距離ランナーの26・8%が鉄剤の静脈注射をしたことがある。全日本大学女子駅伝に出場経験のある26大学を対象にした順天堂大女性スポーツ研究センターの調査で分かった。この事実の重大さ、深刻さをすぐに理解できる人はどれだけいるだろうか。

 まじめな女性アスリートほど「体重や体脂肪を減らせば競技力が向上する」と勘違いして食事量を減らし、エネルギー不足による無月経に陥り、疲労骨折などを誘発する。とりわけ持久系の長距離種目は高いリスクを抱えている。

 最も注意すべき内科的疾患である運動性貧血は「減量による身体的ストレス」によっても引き起こされる。女…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです