メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元少年の死刑確定へ 最高裁が上告棄却

3人が殺傷された現場=宮城県石巻市で2010年2月10日、石川忠雄撮影

 宮城県石巻市で2010年2月、元交際相手の姉ら3人を殺傷したなどとして殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(24)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は16日、死刑とした1、2審を支持し、元少年の上告を棄却した。裁判員裁判で少年事件に死刑が適用された唯一の事件で、小法廷は「事件当時18歳7カ月であり前科はないが、深い犯罪性に根ざした犯行で死刑を是認せざるを得ない」と述べた。市民らが少年だった被告に死刑を選択した判決が初めて確定する。

 1審・仙台地裁の裁判員裁判判決は、元少年が凶器を事前に準備していたことなどから「周到な計画を立てた」と認定、2審・仙台高裁も支持した。弁護側は上告審で「元交際相手の少女の姉に警察に通報されたことで頭が真っ白になった」と計画性を否定。未熟さや生い立ちも考慮して死刑を回避するよう求めた。

 これに対し、小法廷は「邪魔する者は殺害も辞さないと思い定めた」と指摘。元少年の暴力から少女を守ろうとした姉や友人女性を次々に刺した行為を批判し「罪質、結果とも誠に重大。被害者に責められる点はなく、殺害行為は冷酷かつ残忍だ」とした。

 その上で「反省の念や謝罪の意思を表明したことなど、酌むべき事情を十分考慮しても刑事責任は極めて重大で、死刑を是認せざるを得ない」と結論付けた。更生可能性や生い立ちには直接言及しなかった。

 1、2審判決によると、元少年は元交際相手の少女(当時)を連れ戻そうと、後輩の元少年(殺人ほう助罪で有罪確定)と一緒に少女の実家に侵入。交際に反対していた少女の姉(当時20歳)と少女の友人女性(当時18歳)を牛刀で刺殺し、姉の友人男性に重傷を負わせた。【島田信幸】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  3. WEB CARTOP [女子の本音]これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選
  4. 暴力行為 「楽器がうるさい」幼稚園に包丁男 現行犯逮捕
  5. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]