メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新防災マップ

津市が全戸配布 津波被害など想定 /三重

津市が1日から全戸配布を始めた新しい防災マップ=

 津市は、地震発生時の津波被害想定などを盛り込んだ新しい防災マップを作製し、全戸配布を始めた。地区別に23種類あり、各地区の予想震度などを掲載。市は「すぐ取り出せる場所に置き、家族で防災について話し合ってほしい」と呼びかけている。

 「理論上最大クラスの南海トラフ巨大地震」が発生した場合の想定震度、近くの避難場所などを盛り込…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです