メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長 再び保釈
九州新幹線

ご苦労さま、諫早駅舎 被爆者救援、大水害…苦難の歴史見守る 開業に向け、建て替え工事あす開始 /長崎

解体工事が始まるJR諫早駅の駅舎

 九州新幹線長崎ルートの整備に伴うJR諫早駅(諫早市)の建て替え工事が18日に始まる。解体される現在の木造駅舎は1935年に建てられ、45年の長崎原爆では負傷者を乗せた救援列車が発着し、57年の諫早大水害では駅前が洪水に襲われた。戦中戦後の諫早の苦難の歴史を見守ってきた駅舎との別れに、当時を知る市民らからは「長い間、ご苦労さまでした」と感謝の言葉が聞かれた。【中尾祐児】

 JR九州長崎支社や諫早市によると、諫早駅は1898(明治31)年に開業。県内の交通の要衝として、長…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1054文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです