メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重要航空遺産

東北で初の認定 一式双発高等練習機 

重要航空遺産の認定が決まった旧陸軍の「一式双発高等練習機」。2012年に十和田湖の湖底から引き揚げられていた=三沢市の県立三沢航空科学館で

 青森県の十和田湖の湖底から2012年に引き揚げられ、青森県立三沢航空科学館(三沢市)で展示されている旧陸軍の訓練用飛行機「一式双発高等練習機」が7月2日付で「重要航空遺産」に認定されることが決まった。日本航空協会(東京)が14日、発表した。全国で9件目の認定で、東北では初めて。

 認定理由は「世界に現存する3機のうち唯一日本に残り、日本の航空機開発の歴史を今日に伝え、塗色をはじめ使用当時の状態を保っており文化価値…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです