メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重要航空遺産

東北で初の認定 一式双発高等練習機 

重要航空遺産の認定が決まった旧陸軍の「一式双発高等練習機」。2012年に十和田湖の湖底から引き揚げられていた=三沢市の県立三沢航空科学館で

 青森県の十和田湖の湖底から2012年に引き揚げられ、青森県立三沢航空科学館(三沢市)で展示されている旧陸軍の訓練用飛行機「一式双発高等練習機」が7月2日付で「重要航空遺産」に認定されることが決まった。日本航空協会(東京)が14日、発表した。全国で9件目の認定で、東北では初めて。

 認定理由は「世界に現存する3機のうち唯一日本に残り、日本の航空機開発の歴史を今日に伝え、塗色をはじめ使用当時の状態を保っており文化価値…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]