メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重要航空遺産

東北で初の認定 一式双発高等練習機 

重要航空遺産の認定が決まった旧陸軍の「一式双発高等練習機」。2012年に十和田湖の湖底から引き揚げられていた=三沢市の県立三沢航空科学館で

 青森県の十和田湖の湖底から2012年に引き揚げられ、青森県立三沢航空科学館(三沢市)で展示されている旧陸軍の訓練用飛行機「一式双発高等練習機」が7月2日付で「重要航空遺産」に認定されることが決まった。日本航空協会(東京)が14日、発表した。全国で9件目の認定で、東北では初めて。

     認定理由は「世界に現存する3機のうち唯一日本に残り、日本の航空機開発の歴史を今日に伝え、塗色をはじめ使用当時の状態を保っており文化価値も高い」としている。認定証の贈呈式は7月2日、同科学館で行われる。

     引き揚げに関わり、14日記者会見した県航空協会会長の大柳繁造・同科学館館長は「非常に保存状態がよく、貴重で重要な航空遺産だ。保存する使命感に燃え、展示することに誇りを持つ」と述べた。今後も湿気などに留意して、腐食が進まない状態で保存したいという。

     同練習機は全幅約18メートル、全長約12メートル。1942年の製造で、43年に旧陸軍能代飛行場から八戸飛行場に向かう途中、十和田湖の湖面に不時着し、水没した。2010年に機体が発見され、12年9月の引き揚げ後、同11月から同科学館で展示されている。1342機が生産された中、国内で現存する唯一の機体。【塚本弘毅】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです