メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入浴剤

「パパの加齢臭消えた?」女子高生発案が大人気

岐阜県立岐阜商業高校LOB部の女子生徒らが開発した入浴剤「デオPaPa」=岐阜市則武新屋敷の同校で2016年5月10日、野村阿悠子撮影

県立岐阜商 柔らかなラベンダーの香りの「デオPaPa」

 「お父さん、くさい。何とかならないの」−−。岐阜県立岐阜商業高校(岐阜市)の女子生徒たちの、そんなリアルな声から生まれた入浴剤「デオPaPa」が発売1カ月で約300袋売り上げる人気を見せている。19日は父の日。お父さんへの贈り物にいかが?

 入浴剤は同校LOB(リーダー・オブ・ビジネス)部(約40人)と入浴グッズを販売する「日本温浴研究所」(同県各務原市)が昨年2月から開発に取り組んできた。女性の声を取り入れた商品開発を目指していた同社がLOB部に話を持ちかけた。

 「頭が良くなる」「湯気が出なくなる」「ペットと一緒に入れる」−−。自由な発想に、同社の開発担当者、…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです