メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空からの絵手紙

本社ヘリより 伊賀鉄道 装飾自慢の「すまし顔」 /三重

近鉄電車(手前)とすれ違う伊賀鉄道の「ふくにん号」=三重県伊賀市内で、本社ヘリから大橋公一撮影

 鮮やかなラッピングトレインが田園地帯の風を切って走る。今年の8月に開業100周年を迎える伊賀鉄道は、営業距離16・6キロと短いが、民家の軒先が当たりそうな城下町の市街地も通り過ぎるため、ローカル鉄道ならではの醍醐味(だいごみ)が味わえる。

 地域の特色を生かそうと考えられたのが「忍者列車」。漫画家の松本零士さんがデザインしたのは有名で、正面には眼光鋭い「くのいち」の顔が描かれ、目が代表作「銀河鉄道999」のキャラクター「メーテル」をほうふつさせる。青とピンク、緑色の3編成が現役で走行中だ。

 車両の長さは18メートル、幅が2・8メートル。東急電鉄(本社・東京)で利用されていた車両を買い取り…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです